社会とともに

「ノエビアグリーン財団」設立

2013年3月に、未来を担う子供たちの育成や豊かな社会づくりを目的に、「一般財団法人ノエビアグリーン財団」を設立しました。また、2013年12月には、公益財団法人へ移行し、地球環境の保全、スポーツの普及や発展などに関する公益事業を通して、社会貢献活動を行っています。
詳しくはこちら≫

親と子の環境教室

地域・社会とのかかわり

災害支援活動

<六甲山の森づくり>
2008年7月に、国土交通省が公募した六甲山系の山地を整備する事業「六甲山系グリーンベルト整備事業」に参画し、阪神・淡路大震災の復興計画の一環として、土砂災害を防ぐ役割の樹林帯を守り育てるため、森の保全活動に取り組んでいます。
2013年より、この活動は公益財団法人ノエビアグリーン財団にて実施しております。

森の保全活動

<災害時におけるヘリコプターでの支援>
また2005年に、滋賀県と「災害時におけるヘリコプターの応援に関する協定」を締結しました。地震などによる大規模災害が発生した場合、滋賀県の応援要請に応じて、当社グループのヘリコプターを出動させ、医療従事者の搬送、医薬品や支援物資の輸送、被災状況の確認調査などに当たります。
尚、東日本大震災の際には、社用機にて被災地へ医師団、支援物資の輸送を行いました。

社用機による災害支援活動

「海の子留学」支援

2014年10月に鹿児島県の与路島に「与路グリーンハウス」を開設しました。小・中学生を受け入れ、子供たちの健全育成や地域活性化を目的とした活動を行っています。
詳しくはこちら≫

与路グリーンハウス

企業訪問学習の受け入れ

中学生の修学旅行時や総合学習の一環として行われている「企業訪問学習」の受け入れを行っています。
事業内容や社員の仕事内容を紹介するとともに、簡単なスキンケア実習などを実施しています。中学生のみなさんにとって将来の自分や職業を考えるきっかけづくりに貢献できるよう継続して活動してまいります。

企業訪問学習

産官学との取り組み

化粧品、医薬品、食品の成分の解明、新規素材の開発、寄付講座の開設に至るまで、多岐にわたって、複数の大学と共同研究を行っております。今後も専門的な研究に真摯に取り組み、その成果を生かした高品質、安全な商品の開発に一層力を入れ、社会貢献に努めてまいります。

新規素材の開発